インターネットで小遣いを稼ぎ余裕のある暮らしをするためのノウハウを探る!

ご訪問ありがとうございます。このブログではインターネット環境を駆使してポイントサイトやアフィリエイトなどで小遣いを稼ぎ、ちょっと余裕のある日々を実現するために必須のノウハウを紹介しております。それではごゆっくりお過ごしください!

*

スティーブ・ジョブズの戦略を応用してgoogleの頻繁なパンダアップデートも追い風に稼げるブログを構築するための具体的方法論!

      2020/01/19

ブログへのアクセス数を拡大するために日夜努力する中で、ずっと前から気になっていて、最近になってやっと具体的な方法論として気付いたブログへのアクセス数を抜本的に向上させる秘訣があります。
じゃあそれは何か・・・ということなんですが、この問いに対する答えとしては、あの「現在のインターネット世界を再創造」した「スティーブ・ジョブズのマーケティング手法」を参考にすることが一番ではないでしょうか・・・ということになります。

それでは、あの崩壊寸前だったアップルを起死回生させたスティーブ・ジョブズは、具体的にどのような手法で驚くべき結果を生み出したのでしょうか?!

ここで、非常にシンプルな問いを発してみると、「アップルの主たる製品は大きく分ける何種類か?!」ということを考えてみたいのですが、今や世界の企業の株価時価総額ランキングでトップの常連となったアップルが、驚いたことにその商品体系が片手で数え終われるほど絞られていることに気付きます。

それでは、スティーブ・ジョブズが、アップルをほぼ垂直に近い急上昇ラインで世界のトップ企業にまで上り詰めさせた過程を、簡単に振り返ってみましょう・・・
まず最初にスティーブ・ジョブズは2001年10月23日にプレゼンを行いiPodの存在を世間に公表し、その後2001年11月にiPodを世に送り出しました。
これは街頭で携帯していつでもどこでも音楽を楽しめるツールとして世界を席巻していた、あのソニーのウォークマンを駆逐することになりました。
ウォークマンで聴ける音楽世界は基本的にCD一枚でしたが、iPodは発売当初から1000曲保存が可能な優れものとして世に出てきました。
この経緯を分析してまず気付くのがスティーブ・ジョブズのマーケティング戦略でしょうか、彼は自分自身のプレゼンの絶対的な
影響力を確信していたようで、この後もインターネット空間を再創造するiPhone、iPadと続く強力なアップル製品を世に出すたびに、自身のプレゼンで世界を熱狂させたものでした・・・

音楽の世界を一変させたスティーブ・ジョブズは、次にアップルの根幹であるコンピュータやインターネットの世界に切り込んでいきます。
すなわち、それまでのインターネットと言えば、パソコンと一心同体であり、オフィスやリビングあるいは書斎でアクセスするものと相場が決まっていましたが、2007年1月16日にスティーブ・ジョブズがプレゼンで発表し、2007年6月に全米で翌年夏に日本を含む全世界でも発売されたiphoneによりインターネット空間がPC+室内という限定的な場所から街頭に飛び出し、いつでもどこでも掌の中にインターネット空間が広がるスマホ・モバイル時代が幕開けることになりました・・・

さらに、スマホの画面では小さ過ぎて不便なので、インターネットの情報だけでなく、特に映像や写真、あるいはメッセージなどをもっと過不足なく見やすくならないだろうか、というユーザの漠然とした要望に応えて遂に2010年1月27日にipadをまたまたプレゼンでスティーブ・ジョブズが発表し、2010年4月に発売されて、多くの人々をいつでもどこでもインターネットやクリアな映像を納得のいく形で観れる世界が出来上がった・・・ということになるんでしょうか。。。

現在、世界の企業の時価総額ではアップル社がサウジアラムコに抜かれるまで一位をキープしてきたわけですが、そのアップルの主要な製品群は非常にシンプルなグループ分けが可能でほとんど上記の数種類と言ってもよいでしょう。
そのような極端に製品を絞り込んだ企業が、このように複雑に発達した先進工業社会において、時価総額すなわち企業価値あるいは企業評価でトップを維持するというのは、ある意味大変な奇跡と言ってもよいのではないでしょうか・・・

これは、やはりスティーブ・ジョブズ個人の市場の本質的なニーズを汲み取り製品化する強い意志と才能に、妥協の無い製品づくりが相俟って成立したものと言えるのでしょう。

特に注目すべきは、スティーブ・ジョブズは、単純に顧客志向で顧客の現在のニーズに応えただけではなく、顧客あるいは市場が潜在的に抱えていて、自分たちも気付いていなかったようなニーズをどこからともなく発掘し、それを具体的に手の届く形でプレゼンを通じて発表し、その流れで製品として顧客あるいは市場に届けることが出来た。。。ということでしょう。

面白いのは、今やアップルから言わせると二番煎じ的な要素も垣間見られて、ライバル関係にあるアンドロイド携帯を主導するgoogleの検索上位進出の決め手になるアルゴリズムが、その究極的な実態としてはスティーブ・ジョブズが実現したアップルの成功法則をそのままトレースしている要素が垣間見られるところでしょうか。

すなわち、ブログが成功するためにはスティーブ・ジョブズの方法論を踏襲し、検索ユーザの潜在的ニーズを先取りしたページ造りを行い、可能な限り検索ユーザに寄り添うことはもちろんながら、出来れば検索ユーザが思いもよらないような画期的な解決策も提示しつつ、その延長線上で検索ユーザを検索結果を参照する前よりもハッピーに、あるいはより高いレベルまで導くような、そのような方向性こそが、度重なるパンダアップデートに対抗してgoogleの検索上位に君臨するための唯一無二の方策であろうということになりましょうか。

今後、このスティーブ・ジョブズの戦略をブログへの爆発的なアクセスにつなげる方策を詳述していきますが、この戦略は実は誰でも実践可能で効果が約束されたものであると断言出来るでしょう。

スティーブ・ジョブズの手法を踏まえてgoogleのアルゴリズムの品質向上と被リンク評価の変更を反映したアフィリエイト向けブログ構築法!

スティーブ・ジョブズの手法でgoogleでの検索上位進出とアフィリエイトでの稼ぎに直結するブログ記事の書き出し方の探求!

スティーブ・ジョブズの手法でgoogleでの検索上位確保とアフィリエイトで稼ぐためのブログ,タイトルの付け方について!

尚、以下では、いわゆるアフィリエイト等のインターネット関連の素材で何らかの稼ぎや儲けを確保するためには、自分の運営するブログなりホームページに可能な限り多くのPVやアクセス数を集めることが不可欠になってきます。
ここでは、そのようなアクセス数を確保するための稼げるブログの構築のための具体的な方法論を検討してまいります。

1.アフィリエイトで稼げるブログをどのように構築すべきか
2.ブログへのアクセス拡大に向けた具体的な方策は何か

1.アフィリエイトで稼げるブログをどのように構築すべきか

アフィリエイトに挑戦しようと取り組んでおられる皆さんが、まず活用するフィールドは何かと言うことですが、一昔前にはメルマガというのもありましたが、いわゆるメルマガについては開始前に「リスト」と呼ばれる顧客のメールアドレスを確保する必要がありました。しかるにこの「リスト」に関しては忠誠心の高い質の良いモノを獲得することが非常に困難な上に、昨今ではインターネット上の手軽な連絡手段として電子メールよりもLINEの方が遥かに利用率が高まってきている現状もあります。
そういう中で、アフィリエイトを開始するにあたって、どのように対応すればよいのかについて、具体的に検討していきたいと思います。

①アフィリエイトの開始
②キーワードの選定
③アフィリエイトの方向性
④王道的アフィリエイト運営
⑤バイラルがかかるような「キラーコンテンツ」の作成
⑥SNSの力の活用
⑦SNSパワーの最大化

 

①ブログアフィリエイトの開始

そういう場合に最初に取り組むべき手法としては、やはりネット時代の申し子ともいうべき「ブログ」を通じて、アフィリエイトを実行していくと言うのが一つの典型的な在り方になるでしょう。

それでは、どのように稼げるブログ構築に取り組めば良いのか??ということになりますが、単刀直入に言えば、まずはテーマを決め、そのテーマに沿ってアクセスが自然に拡大していくようなブログを構成していかなければならない、ということになります。

当然ながらブログの内容があまりにもいろいろなトピックに拡散してしまうと、ブログ全体としてのパワーが発揮出来ないと言うことにもなってくるのは当然ですが、Googleの検索上位に躍り出てくるような掘り下げた、ユニークな見解を持つ、権威ある内容のブログは成立しないこと請け合いです。

逆に言えば、最も安上がりで、安定的なアクセスを確保するための最大の手段は、Googleの評価するようなブログを構築して、検索上位を独占し、自然かつ恒常的に膨大なアクセスを確保しさえすれば、目的の大半を達成した、と言っても過言ではないでしょう。

②キーワードの選定

ブログのテーマを決めれば、次にキーワードの選定に入りますが、このキーワードの選定はその後のブログの浮沈のまさにキーポイントになりますので、じっくりと完璧主義的に取り組む必要があります。

与沢翼やホリエモンのような有名人であれば、署名付きで何か文章を書けば、それだけでアクセスが殺到すると言うこともあるでしょうが、普通の人がブログに文章を書いても、アクセスを集めるのは容易なことではないのです。

アドワーズのキーワードプランナーなども活用しながら、自分のテーマに合致したキーワードを幾つか選定していきます。

この際、出来れば月間アクセス数が1000以上のキーワードを選定するのがコツです。

また選定したキーワードで検索してみた時に、検索上位に企業サイトが並んでいたり、ページランク3以上のサイトが並んでいるようであれば、そういうキーワードは避けて上位表示しやすい方へ変更すべきでしょう。

キーワードが選定出来れば、そのキーワードを意識しながら多過ぎず少な過ぎずと言う感じで、まあ大体ページに5%程度のキーワードが自然に含まれるような格好のコンテンツを作成していけば良いでしょう。

③アフィリエイトの方向性

当然ながらアフィリエイト対象は、テーマやキーワードに沿ったものを対象にすることになりますが、ここでやり方が分岐することになります。

①最初から焦点をアフィリエイトのために絞ったブログを作成する方法
②最初にアクセスを集めてそれに相応しいアフィリエイト対象を後から選定する方法

のいずれかになるでしょう。

前者は、目的志向の強いダイエットブログとかペットブログとかになるでしょうし、後者は2chまとめブログとか時事ネタブログと言う形が典型的になってきます。

④王道的アフィリエイト運営

両者ともアフィリエイトブログとしては、十分に通用する行き方だと思いますが、私の目するところではPVも伸ばせてアフィリエイトにも強い王道的ブログ運営の方法と言うのは、まずは「キラーコンテンツを確立」することにある、と認識しています。

要するにSEOもPVもアフィリエイト収入も、「キラーコンテンツがしっかり確立」していれば後から自然に付いてくる、という考え方ですね。

これは独りよがりの独善的な考え方と言うわけでは無くて、昨今ではgoogleあたりもその効果を認めている考え方であり、既に広義のseoとしてはSNSのパワーを十分に活用することが絶対に必要不可欠であるとの認識が流布されている通りです。

⑤バイラルがかかるような「キラーコンテンツ」の作成

ここらたりからは、与沢翼も強調している通りで、小手先のSEOよりもバイラルがかかるような記事を渾身の力を込めて量産することが、ブログのPVにとって最重要だということになります。

考えてみれば、ネットビジネス参入初期の与沢翼のやっていたことは、「オプトインによってオプトインを行うスキームの構想」とかもありますが、基本的な活動しては魂を注ぎ込んで「キラーコンテンツ」を量産し、ブログに投稿し、facebookに貼り付け、twitterに流し、その内容をメルマガに転載し、「キラーコンテンツ」の中でも最強のものを温存して、フリーのメルアドとの交換素材として「リスト」を集め、それを元にまたメルマガを発行するという基本パターンに終始していたと私は睨んでいます。

要するにこの与沢翼のネットビジネス参入初期のスキームのキーポイントはあくまでも「キラーコンテンツの量産」にあり、SEO対策を地道にやっていたような形跡はあまり見受けられないのです。

⑥SNSの力の活用

ネット上で「バイラルがかかる=噂になれば」もはやその効果は下手なSEOの何倍ものパワーを発揮すると言うことになってきます。

これはSNSの力を100%活用すると言うことになるでしょうか。

最初は、検索に引っ掛からなくてもfacebookやtwitter、ハテブあるいは、メールなどで該当コンテンツのURLが飛び交ってしまえば勝手にPVは飛躍的に上昇していくことになるわけですから、例え検索エンジンが最初は評価しなくても自然にPV=5000/日とか、PV=10000/日とかは達成されていくのです。

こうなればもうあとは自動運動的にブログに貼り付けたアフィリエイト商材が、集まってきたアクセスに上手くマッチしていれば、キラーコンテンツの趣旨の延長上で一言宣伝するだけで、ホリエモンや与沢翼のように商材が売れまくる・・・という結果を生じてくるわけです。

要は、バイラルのかかりそうな素材を、渾身の力を込めて「キラーコンテンツ」に仕上げれば、もう狭義のSEOとは別次元のSNSの力が働いて、ある意味勝手に実は計算通りにPVは上がり続ける、というのが現在のブログアフィリエイト成功に向けた一つの回答と言えるでしょう。

⑦SNSパワーの最大化

SNSの力を最大限に活用する手段としては、まず取っ付きやすいのはfacebook、twitter及びハテブになるでしょう。

facebookには、そのままブログの内容を貼り付けてもページ重複の問題等は起こりません。

これはご存じの通り、検索エンジンのクロールは、IDとパスワードにガードされたfacebookの環境の中まで侵入してくることが出来ないので、そもそも重複を心配する必要もないのです。

twitterも重複は問題になりませんが、ここでは140字しか書けないので、主にタイトルと簡単な説明文に合わせてコンテンツのリンクを流して拡散を図るイメージになります。

ちなみに、実はハテブの効果というのは侮れないものがありますので、新たに記事を作成した場合は是非登録することをお奨めします。

youtubeも非常に有効な手段になりますが、初心者の段階でいきなりは無理かもしれないので、まずはfacebookとtwitter及びハテブへの登録から始めるのが早いかと思います。

ペンギンやパンダにパクパクと捕獲され続けているSEO業者の得意な小手先のSEO対策は、既に通用しない時代になりましたが、その代わりに無料でより大きな効果を出せるSNSを活用する時代が到来した!というのが現在のPV対策の基本的な現状と言えるかもしれません。

2.ブログへのアクセス拡大に向けた具体的な方策は何か

このブログで展開しようとしているネットビジネスの全ての基本となる、ページへのアクセス数拡大に向けた方法論について、最近の動向も踏まえながらブログアフィリエイトにおいて必須となるページアクセス数の拡大に向けた方策について、ブログの本質という見地から検討していきます。

①ブログアフィリエイトにおけるページアクセス数の重要性
②ソーシャルによる拡散とSEO対策によるページアクセス数拡大策
③アフィリエイト成果に直結するページアクセス数とは?
④ソーシャルの時代もSEOの重要性は揺るがない
⑤パンダ、ペンギンと共に歩む今日のSEO対策
⑥戦略的なブログ構築の必要性
⑦ページアクセス数拡大の生命線はキーワード選定にあり
⑧まとめ

 

①ブログアフィリエイトにおけるページアクセス数の重要性

ブログアフィリエイトにおいては、ページアクセス数の拡大が、その活動の拡大に向けた全てのバロメーターになる、と考えて良いでしょう。

ページアクセス数が上昇すれば、アフィリエイトそのものが振るわなくても、アドセンスのクリックによる収益が上がってくる可能性もありますし、フリー素材を提供することによる「リスト」集めの可能性も高まってきます。

ページアクセス数がなべ底のような状態で推移すれば、アフィリエイトの限界点の一つと言われる5000円/月の壁すら破れず、多くの参入者と同様に涙を呑んでネットビジネスから撤退。。。というような惨劇も起こりかねません。

まず何はともあれ、ページアクセス数を集めなければ勝負が始まらないことは、間違いないところでしょう。

②ソーシャルによる拡散とSEO対策によるページアクセス数拡大策

それでは、どういう方策でページアクセス数を上げるかと言うことですが、昨今の風潮ではソーシャルネットワークでの拡散とgoogleに頼るとも言うべきSEO推進=検索エンジン最適化の二本立てで対応を進めるのが基本になってきています。

確かに、ソーシャルネットワーク経由でのブログ集客は、重要なことは言うまでもありませんが、ソーシャルから得られるページアクセス数が果たしてブログのアフィリエイト成果に直結するか、と言うことには重大な疑問もあります。

SEOすなわち検索により集まってきたページアクセス数とソーシャル経由のページアクセス数とでは、その利用者のマインドにかなりの相違があると考えられるからです。

すなわち、ソーシャル経由のページアクセス数は、どちらかというと目的意識が高いとは言えない興味本位あるいは仲間意識の延長線上で、内容に真剣に取り組んでいるとは言い難いところもあり、それほど「濃い」ものではないと考えられます。

③アフィリエイト成果に直結するページアクセス数とは?

ページアクセス数を上昇させるためには、ソーシャル経由の集客は必須でしょうが、それがアフィリエイトの成果に直結するかは、一概には言えないと言うことになるでしょう。

翻ってSEOの成果としての検索による集客は、自ら問題意識をもってキーワードを入力して、さらにページにアクセスまでしてくれている非常に「濃い」ものであり、アフィリエイト報酬に直結する可能性がより高いと考えられます。

最初にページアクセス数が全てとコメントしていましたが、ブログアフィリエイトにとって本当に重要なのは濃いページアクセス数=目的意識の高いアフィリエイトに直結する可能性の高いページアクセス数を集める必要があると言うことになるでしょう。

④ソーシャルの時代もSEOの重要性は揺るがない

そう考えると人気ブログが必ずしも、成約率が高いというわけでもないことが良く分かります。

ページアクセス数が多少低くても成約率が非常に高ければ、ブログアフィリエイトの目的大半は達成されるのです。

というわけで、現時点においてもSEOの重要性はいささかも揺らいでいないことが、おわかりいただけることと思います。

⑤パンダ、ペンギンと共に歩む今日のSEO対策

それでは、どのようにしてSEOを通してページアクセス数を上げていくかと言うことですが、パンダアップデートやペンギンアップデートを踏まえて考えると、既にスパム的なリンクにより順位を上昇させる時代は去ったと考えざるを得ません。

例えば、個人的に3つのサイトを運営していて、それぞれのサイト同士でページの内容に関連性の無いリンクを張りあったりすることも、既にスパム判定される可能性すらあると想定されます。

ましてやSEO業者 がお得意の大量バックリンク対策などを行ったりすると、SEO対策どころか、逆SEO対策として順位の急落に直結しかねない、と考えられます。

⑥戦略的なブログ構築の必要性

そう考えると、以前にもまして独自性の強いテキストコンテンツの質を高め、量を拡大することが一層必要になってきていると言えるでしょう。

さらに、ブログのページアクセス数の拡大を目指すと言うことであれば、コンテンツの独自性・質・量だけに頼っていてはダメで、最初から大量のページアクセス数が期待出来るキーワードを選定した上で、コンテンツ作成の方向性を戦略的に定め、その線に沿って質の高いコンテンツを作成していくしかないでしょう。

要するに、ページアクセス数の高いブログをつくるためには、当てずっぽうに記事を量産しているだけではダメで、最初からページアクセス数の高くなりそうなキーワードを幾つか特定して、ブログの内容を決め、それぞれのキーワードでどのような記事を書くかを計画していくような逆算的な発想が必要な時代になっているのかもしれません。

⑦ページアクセス数拡大の生命線はキーワード選定にあり

そういう意味で、ブログのPV獲得のための準備の多くは、キーワード選定にかかっていると言っても良いでしょう。

そして予め予定しているページアクセス数を確保するためにキーワードに沿ったカテゴリを幾つか策定し、そのカテゴリごとに記事を作成していくわけです。

このように計画的にブログを作成していくことで、そうでない場合に比較てして、ブログへのアクセスが飛躍的に上昇することは間違いありません。

いくらコンテンツの完成度が高くても月間検索件数が非常に低いキーワードの記事ばかりであれば、ブログのページアクセス数が低迷するのは遺憾ながらやむを得ないと言うことになるでしょう。

⑧まとめ

結論としては、ブログは読者のものであり、書き手が書きたいことを書くモノではなく、読み手が読みたいものを書き手が提供していくのがブログの本質と言うことになると思います。

そして、幾つかの検索可能性の高いキーワードと言う骨組みのもとに、計画的にバランス良く配置されたカテゴリーにより分類された記事を柱や壁として構築された建造物が、最終的にブログと言う形となって現れてくるのです。

ブログアフィリエイトの報酬と言うのは、その結果として後から付いてくるものである、というのが今回の結論になるでしょう。

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - 稼げるブログの作り方! , , , , , , , , , , , ,