インターネットで小遣いを稼ぎ余裕のある暮らしをするためのノウハウを探る!

ご訪問ありがとうございます。このブログではインターネット環境を駆使してポイントサイトやアフィリエイトなどで小遣いを稼ぎ、ちょっと余裕のある日々を実現するために必須のノウハウを紹介しております。それではごゆっくりお過ごしください!

*

ネットビジネス成功の近道=はてなブックマークでのバズり方の研究!

      2019/12/26

1.戦略的リンクビルディングに必須なバズる方法の探求
2.バズるための特効薬となるはてなブックマークの使い方

1.戦略的リンクビルディングに必須なバズる方法の探求

リンクビルディング対策としてというよりも、ブログのPVアップの特効薬となる「はてなブックマーク」で「バズる」ための手法について検討していきたいと思います。

①「バズる」とは、どんな状況か
②「バズる」ための最初の要件
③「バズる」ためのループ構造の解明
④「バズる」記事の要件
・タイトル
・記事内容
⑤まとめ

 

①「バズる」とは、どんな状況か

「バズる」というのは、「web上で特定のサイトや記事が、主としてソーシャルネットワークを通じて、バイラル・口コミ・噂のような形で拡散され、一挙に大量のアクセスを集める」と定義しておきます。

ちなみに、「バズる」の語源は、一説によれば、twitter上ではやりになっている言葉やテーマをまとめた「buzutter(バズッター)」なるサイトに発祥するとも言われています。

現時点では、「バズり」に関連する影響力あるソーシャルネットワークは、twitter,facebook,「はてブ」といったところになるでしょうか。

②「バズる」ための最初の要件

それでは、記事やサイトが「バズる」ためにはどのような条件が重なる必要があるでしょうか。

まずは、記事を作成してメジャーなソーシャルネットワークに流すことから始まることは言うまでもありません。

この時に対象とするソーシャルネットワークは、現時点では主として「twitter」「facebook」「はてブ」の3者で問題ないと思われます。

記事が「バズる」ためにはこの段階で、まず最初の難関にぶつかります。

ここで記事が、フォロワーによりシェア、リツィートされるかどうかが、勝負になります。

また自分で「はてブ」にアップした場合でも直ぐに追加のブックマークが行われるかどうかが、カギになるのです。

③「バズる」ためのループ構造の解明

さて記事がフォロワーにシェア、リツィートされ、順調にPVが伸びてきたところで、さらに「バズる」ためには、twitter,facebookの世界から離れて、別のまとめサイトやその他のソーシャルブックマークでも記事がアップされていく必要があります。

これにより徐々に爆発的なPVの拡大が発生してきます。

この時、やはり現時点で最大の影響があるのは、私の見るところでは「はてブ」ホットエントリー入りすることではないかと思います。

ここまで来ると、その他のRSSやボット上でもドライブがかかってきて、さらにインフルエンサーと呼ばれる影響力のあるプレイヤーがtwitterやfacebookでシェアしたりすることにより、ソーシャルネットワーク上でバイラルのループがかかり、一層の「バズり」が発生していくことになります。

この流れを簡潔に記載すると以下のようになるでしょう。

・記事をメジャーなソーシャルネットワーク(Twitter、Facebook、はてブ)に流す
・記事がフォロワーによりシェア・リツィートされて拡散開始
・twitter,facebook,以外のソーシャルブックマークが拡大
・はてブのホットエントリーに入り爆発的な拡散開始。その他のRSSやボットを通じての拡散拡大
・インフルエンサーが自身のfacebookやtwitterアカウント上でシェア・リツィート
・上記の流れが自動運動のようにループしてPVがさらに拡大

④「バズる」記事の要件

・タイトル

・文字数
⇒これは基本的にソーシャルネットワーク上で途切れなく表示される最大文字数として、32文字以内というのが適当と言われていますが、私も基本的には30文字以内でタイトルを記載するようにしています。

・2パートに分ける
⇒前半にキーワードと関わりのない引っ掛け用語を持ってきて、後半にキーワード入りで中身の説明を入れ込むイメージでタイトルを付けていきます。
以前のように、SEO一辺倒の時代ですと、キーワードをタイトル全体に詰め込んだようなケースも多かったと思いますが、ソーシャルの拡散を主眼に「バズる」ことを目指す場合は、まずは記事を読んでもらえるようなタイトル付けを行わなければ話が始まりません。
本来、SEO上はタイトルの先頭に最も重要なキーワードを入れたいところではありますが、ソーシャルネットワークでの拡散を視野に入れると先頭にフックとなる用語を持ってこざるを得ないということになってきます。

・記事内容

・文字数
⇒文字数としては、最低でも2000字は欲しいところだと思います。 あまりにも短いとあとで読もうという意味でのブックマーク対象にならないこともありますし、内容的にあまり単純で印象に残らないとシェアの対象にもならないと想定されます。
簡潔なセンテンスを連ねながら、しかも2000字以上の内容をキープしていれば読み応えもありますし、実際に利用価値の高い記事となることでしょう。
また後々のSEOのことを考えても文字数が2000字未満だとgoogleの評価が上がってこない可能性があるので注意が必要です。

・小見出し、箇条書きの重要性
⇒まとまった内容の段落ごとに簡潔でわかりやすい「小見出し」をつけていきます。また論旨がいくつかある場合には、箇条書きとして整理し、視認性を良くしつつ、内容が伝わりやすいように文章をまとめて行きます。

・記事の書き出し部分に「サマリ」と「目次」を設定
⇒記事の冒頭に内容の「サマリ」を記載し、かつ「サマリ」の後に「小見出し」を羅列した「目次」を置きます。これで読者は、ひと目で記事内容の概要を把握することができるようになります。

・「まとめ」で記事を締めくくる
⇒記事の最後に「まとめ」を置き、その中で記事内容の総括と自分自身の見解を述べて記事を締めくくります。

⑤まとめ

実際に自分が作成した記事が「バズる」かどうかというのは、ソーシャルネットワークという「市場」の判断に委ねられますが、「バズる」ための関数としては、以下のような数式が成り立つのではないでしょうか。

・「良いタイトル」×「質の良い記事」(×「ソーシャルネットワークへの拡散」)=「バズり」発生

上記については、所与の値になるかと思いますので、問題は「タイトル」と「記事内容」ということになってきます。

まず「タイトルが良くないと記事が読まれません。さらに「タイトル」が良くて記事が読まれても、「記事内容」が「バズる」基準を満たしていなければ、ソーシャルネットワークで拡散されることはないでしょう。

というわけで、今回はブログのPVを爆発的にアップさせる「バズる」手法について検討してみました。

2.バズるための特効薬となるはてなブックマークの使い方

現在では、もう周知の事実となり果てましたが、相互リンクなどの自作自演あるいは作為的なリンクやディレクトリ登録といった金で買ったリンクが、googleから無効あるいはスパムとして明確に宣言されて(googleリンクプログラム)ずいぶん時間が経ちました。
そういう情勢下においても、戦略的なリンクビルディングは必要であると想定していますが、そのような中でいかにして他よりも多くのリンクを構築していくかについて、「バズる」ことの重要性を中心に検討しています。

①今後脚光を浴びそうな「バズる」状況
②新たな「リンク構築戦略」の目玉としての「バズる」ことの重要性
③twitter,facebookで「バズる」場合
④「バズる」基点として一層注目される「はてブ」
⑤「はてブ」で「バズる」記事の要件
・タイトル付けの巧さ
・記事内容のタイムリー性、はてブユーザとの親和性、正確性、話題性
・記事アップの曜日、時間帯などの要素
・同種の記事が同時に存在してブックマークが拡散しないこと
⑥まとめ

 

①今後脚光を浴びそうな「バズる」状況

相互リンクやディレクトリ登録、SEO業者によるペラサイトの大量作成による自作自演リンク等が、完全にスパムとして忌避された今日の時点で本当に有効な リンクビルディングに向けた対応として真っ先に思い浮かぶのが、「バズる」記事の作成ノウハウを身につけるということになるでしょうか。

「バズる」とは、「ネット上で特定のテーマをめぐって一挙に大人数がホットな記事にアクセスしたり、書き込みをしたり、賛否両論が渦巻いて連鎖するような現象」あるいは「ネット上のバイラルを最大限利用したマーケティング手法がバズ・マーケティングと呼ばれ、SNSを活用したソーシャルメディアマーケティングのことを指す」というような定義の通りです。

今回取り上げるのは、前者に近い内容で「一記事あるいは一ブログが一夜・あるいは短期間に数千あるいは数万のアクセスを集中的に集めるような状況」のことを「バズる」と定義しておきたいと思います。

②新たな「リンク構築戦略」の目玉としての「バズる」ことの重要性

故意のリンクが存在価値を失っていく中で、有効なリンクとしてクローズアップされてくるのが「ソーシャルで拡散した記事が多くの支持や注目を集めて「バズ」り、途方もないアクセスを獲得していく中で、「ナチュラルでgoogleにも親和性のあるリンク」が構築されていく」という状況ではないでしょうか。

つまり今後のリンク構築の一つの柱となるのは、「バズる技術」あるいは「記事をバズらせる技術」にあるといっても過言ではないかもしれません。

③twitter,facebookで「バズる」のは難しい

それでは、twitter,facebookで「記事がバズる」条件について、考えてみたいと思います。

まず、記事がソーシャルで拡散していった時に、twitterなりfacebookなりで話題となり、それぞれ数多くツイートされたりシェアされたりすることが大前提になります。

ただし、twitter、facebookの場合は、どのような条件になったら、どのように「バズる」かという明確な数値的な指標はないと言えますので、この二つのSNSについては、それぞれでツイートされたり、シェアされるとともに、いろいろなまとめブログ等でもリンクが拡散されていくかどうかが重要となってきます。

基本的に、twitter,facebook起点で「バズる」レベルを達成するためには、大前提としてフォロワーが数千から一万レベルないと難しいと言わざるを得ないのが現状でしょう。

そこまで辿りつくのがなかなか大変ですし、次に述べるハテブに較べると、新規参入者の参入障壁は、相当に高いと言えます。

④計算出来る「バズる」基点として今後一層注目される「はてブ」

次に記事が拡散して「バズる」大きな起点の一つが「はてブ」にあります。

「はてブ」においては、人気エントリーでどの位置までいけるかが、「バズる」かどうかの一般的な指標と言えますので、ブックマーク数と人気エントリーとの関係を数値的に確認してみますと、概ね以下のような相関が観られます。

・3はてブ

⇒新着エントリー入り。ただし1ハテブから3ハテブまでに時間がかかりすぎると対象外。

・10はてブ

⇒カテゴリの人気エントリー入り。新着エントリー入したあと、はてブ数を10以上に増やすことが条件。15はてブ以上で確実。ただし、時間をかけて10はてブに到達した場合は対象外。

・20はてブ

⇒人気エントリー(総合)の下部に表示される。ホッテントリ入り。1はてブゲットから総合ページにエントリーされるまでの時間が短ければ短いほど有利。

・100はてブ

⇒最近の人気エントリー(トップ)入り。名実ともにホッテントリ入となり、ブクマの増加速度が加速度的に急上昇していく。

この際、「100はてブ」とかまで行かなくても、「数十はてブ」くらいまで行けば、「はてブユーザ」からのアクセスが殺到することとなり、パチンコのフィーバー状態のようにPVが「激増」していきます。

上手いタイトル付けとしっかりした記事内容であれば、数千PVから数万PVまでアクセスが「激増」することも夢ではなくなるのです。

そして、計算出来る「バズる」環境としては、今後ますます「はてブ」の重要性が高まっていくような気がします。

⑤「はてブ」で「バズる」記事の要件

それでは、「はてブ」で「バズる」記事の要件とはどのような形になるでしょうか。

いくつか考えられる内容を書き出してみますと、

・タイトル付けの巧さ

⇒「具体的な数字が入っているか」「キラーワードが入っているか」「役に立つ情報だと伝えられているか」というようなポイントが満たされているかどうかが重要になってきます。
このうち、「コピーライティング」的なテクニックとしては、今後特に「キラーワード」の作成技術というのが重視されるかもしれません。
タイトルの重要性は、記事が読まれるかどうかの非常に重大な要素になりえます。

・記事内容のタイムリー性、はてブユーザとの親和性、正確性、話題性

⇒その記事が「話題になりそうなタイムリーなテーマを扱っているかどうか」「はてブユーザがブックマークしやすい色がついているか」「内容が正確か」といったあたりが重要な要件になるでしょう。

・記事アップの曜日、時間帯などの要素

⇒曜日については週末を外した火水木がよく、時間帯は「はてブユーザ」が帰宅してネットを使い始める夕方以降が良いようです。これが週末とか朝とかですと、はてブユーザの数が少なく、ブックマーク数の伸びが鈍いのでホッテントリ入りするのが難しいと言えそうです。

・同種の記事が同時に存在してブックマークが拡散しないこと

⇒これについては、記事作成者側は 操作しにくいところもありますので、①②③をどのように「はてブ」で「バズる」方向に繋げていくかという事になるでしょう。

⑥まとめ

このように観てくると、短期的に見た場合は漢方薬的なSEOよりも、個別の記事単位で「バズる」方が、ブログのアクセス向上に圧倒的に役立ち、ナチュラルリンクもgoogleに親和性が高い形で得られると言えるのではないでしょうか。

今回のgoogleの決定は、業界の注目を「何が何でも手段を選ばずリンク構築することが大事」と言うような方向から「何が何でも個別記事がバズることが大事」と言うような方向に転じさせることになるかもしれません。

そして、一連のgoogleのリンクに関する方針の徹底で、あまたあるSEO業者の業務内容は、ペラサイトで怪しげなスパムリンクを構築することから脱皮し、「バズる」記事作成を請負い業に転化し、今以上にコピーライティング技術者が大量に必要になる時代が迫ってきているような気がします。

今後は「リンクビルディング」に関して、これまでの行き方を転換し、新たな戦略で取り組む必要に迫られてくるわけですが、 私としては、今回ご紹介した「バズる」記事中心のリンク構築戦術だけでなく、「読者が必要とするコンテンツを地道にわかりやすく内容豊かに充実させていく」とともに、正当なSEOの手法も同様に重視しながらブログの育成に取り組んでいきたいと考えているところです。

インターネットの世界は奥が深く、ソーシャルネットワークの使い方も幅広いわけですが、今後も正攻法で良い記事を作成する中で、ブログを育成していきたいと考えているところです。

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - 稼げるブログの作り方! , , , , , , , , , , , , , ,