お金の稼ぎ方と使い方の探求!

インターネットを駆使してフルに個人ビジネスを展開し、大金を稼いでスイスのプライベートバンクの顧客になり運用益で生活するような状況を実現するための必須のノウハウを詳しく伝授する!

*

トランプになり損ねた男=与沢翼のネットビジネスでの成功原理の探求!

      2018/07/29

トランプ青年実業家

一時はトランプの日本版のような破天荒な言動で一世を風靡しながら、その後あっさりと贅沢三昧と放漫経営で破綻した与沢翼が、以前に自分の経営するアパレル系の会社の倒産に直面してから一転して、オプトインアフィリエイトの成功で急激に復活し、大富豪になった過程を辿ってみたいと思います。
与沢翼自身は、別の理由から破綻しましたが、彼の成功した原理と言うのは、それなりに検討に値するかもしれません。

1.無一物から月収で億を稼ぐ男へ
2.復活へ向けた基本的スキーム
3.フリーの活用の上手さ
4.与沢翼の成功要因

 

1.無一物から一転して月収で億を稼ぐ男へ

何故与沢翼が一時的に瞬速で莫大な稼ぎを得られる人間になったのかについて、いろいろな資料を取り寄せて調べてみましたが、基本的にはネットビジネスに関して以前から予備知識があったことも大きいようですね。

情報によれば、与沢翼は前職の会社が倒産してほとんど無一物に陥った時に、間髪を入れずにメルマガアフィリエイトを大々的に実行する環境を整えるべく「リスト」を収集するためにオプトインアフィリエイトの世界に乗り出しました。

413

2.復活へ向けた基本的スキーム

基本的な枠組みとしては、既に前職の時代に実施していて当時は3万円で売り出していた与沢翼による経営セミナーの映像をオプトインの材料として、メールアドレスを登録してくれた人には無料でこの動画を配布するということにした、とのことです。

この時の与沢翼は、既に先行するトップメルマガアフィリエイターだった川島和正氏を目標に動いており、そこに追い付き追い越すべくいきなり川島和正氏本人に迫ろうとしたということです。

すなわち、目標であるターゲットそのものに取りついて、協力を要請したわけですね。

この時も最初は相手にされなかったが、合コン話とかに持ち込んで、何とか対面で話す機会を得たということです。

与沢翼は川島和正氏に経営セミナー動画のオプトインアフィリエイトの件を持ちだし、1件当たり700円で川島氏の知り合いのアフィリエイターに紹介を依頼して欲しいと頼んだと言うことです。

この川島氏への依頼の段階までに既にオプトインアフィリエイトをロケットスタートさせる仕組みづくりは事前に完了していたということですから、この前提が無ければいきなりの大成功は無かったとは思いますが、この仕組みを構想し実行する手腕には凄まじい集中力と成功へ向けた情熱も感じられるところでしょうか。

416

3.フリーの活用の上手さ

またオプトインアフィリエイト実行時には、孫正義氏がよく使う「無料+後払いの原則」を参考にしたと言われています。

要するに「資金調達は未達成のまま先に契約してしまって、調達すべき資金は、後払いになっている契約期限までに全力で稼いで支払う」という方式でしょうか。

与沢翼もこの時、「リスト」収集に4000万ほど使って、支払期日を75日~105日後に設定した上で、「未だに支払いを終わっていない収集したリスト」を元に大々的かつ何度もオプトインアフィリエイト及びメルマガアフィリエイトを行って資金の回収に成功した、ということです。

この時のオプトインアフィリエイトやメルマガアフィリエイトの対象商品は数点に絞られていたということで、いろいろ大量な商品を商材として扱ったわけでは無かったと言うことですね。

まさに背水の陣での薄氷の大勝利と言うところでしょうか、与沢翼が良く引き合いに出す孫子の兵法を応用した韓信のような手際の良さでしょうか。

しかし、このような要領の良さは、法律や国税当局の追及の前では通用せず、今や経営破綻に追い込まれたことはご案内の通りです。

418

4.与沢翼のかつての成功要因

この時の成功の要素としては、大前提としては、「倒産に動じない図太い神経」がまずあって、「直面する現状を打開するためのスキームを即座に思いつく構想力」が続き、あとは「環境構築力」や「交渉力」「ネットビジネスに関する経験と勘」のようなものも絡みあって成功を観たということでしょう。

聴くところによれば、与沢翼は前職アパレル時代に既にブログアフィリエイトで月収数百万?を稼いでいたということですが、主たるネットビジネスのスキルはこのブログアフィリエイト時代に身に付けたと言うことです。

当時のブログのPVも3000~5000程度から数万に至るまで伸ばすことに成功していたと言います。

ある程度の基礎があった上に、倒産による危機で火事場の馬鹿力のような集中力を発揮して、必死で先ほどのオプトイン+オプトインのスキームを考え出して危機を乗り越えるとともに、一時的にネットビジネスのトップランナーに躍り出てしまった。。。というのが実際のところということになりますね。

その後の与沢翼の転落過程は、失敗経営の見本、サンプル事例のオンパレードのようでもありますが、近いうちに教訓事例として取りまとめていく予定です。

421

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

関連記事:

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - トランプになり損ねた男=与沢翼の生きざまを探る! , , , ,