お金の稼ぎ方と使い方の探求!

インターネットを駆使してフルに個人ビジネスを展開し、大金を稼いでスイスのプライベートバンクの顧客になり運用益で生活するような状況を実現するための必須のノウハウを詳しく伝授する!

*

アフィリエイトで稼ぐためのブログのタイトルの付け方を探る!

      2018/10/31

ブログタイトル

「相互リンクがスパムと判定」され、「ディレクトリ登録が無効化」され、金で買ったリンクが通用しなくなると言う時代がついにやってきてしまいました。

最近のこういう一連のgoogleにより矢継ぎ早に打ち出されるウェブサイトの検索ランキングの変動に直結する様々な施策を踏まえて、いろいろな角度からその影響や対応策を検討して記事を作成しています。

今回は、このような一連の動きの中で、ブログの記事が上位にランクされ、かつSNSでも拡散されるような「タイトル」の付け方に的を絞って検討していきたいと思います。

1.個別記事の重要度の高まり
2.タイトルの重要性
3.タイトルだけで内容が伴わない記事は本当の意味での拡散には至らない
4.タイトルの文字数
5.タイトルの中身
①SEO向けタイトル
②SNS向けタイトル
6.まとめ~短歌とタイトルの相関を軸に~

 

1.個別記事の重要度の高まり

いろいろなところにブログの記事は、氾濫していますが、どうしても読まれる記事と読まれない記事にクッキリと色分けされていることは否めない事実です。

昨今のgoogleの強い意志を感じる政策(リンクプログラムに関する情報)の影響を踏まえた場合に、ブログの相対的なランクを上げていくためにも、以前にも増して個別記事の質及びその記事へのアクセスやリンクの獲得が、今後一層ブログ全体に対して大きな効果をもたらしてくることは間違いないでしょう。

ブログの価値は、個別記事の集積であり、個別の記事へのアクセスとリンクの集積がブログのPVやリンク構築に直結するのは言うまでもありません。

67

2.タイトルの重要性

そういう中で、記事がSNSを通じて拡散し、さらにはその記事が様々な媒体で取り上げられて大きなリンク構築を成し遂げるためには、まず最初に誰かが記事を読んで感銘を受けることが出発点になってきます。

すなわち、記事は単に存在しているだけでは、どんなに良い記事でもその意義は大きいとは言えず、まず読まれなければ話が先に進まないと言うことが判ってきます。

それでは、読まれる記事にとって、何が大切かと言うことですが、まずはネット上で記事が読まれるためにはその記事がクリックされなければなりません。どれほど優れたオリジナリティに富んだ内容が書かれていても、読まれなければその記事はネット上では存在しないも同然と言うことになるのですから。

読者から観て、記事がクリックされ読まれるためには何が必要か、となるとやはりそれは記事のサマリとか目次とか言う以前に、「タイトルの問題」に突き詰められることになるのです。

69

3.タイトルだけで内容が伴わない記事は本当の意味での拡散には至らない

タイトルが良くて記事が読まれたとしても、その先のSNSでの拡散と言う段階に至るためには、最初に読んだ影響力のある何人かの人が、「これは良い記事」と判断するか、「単なる釣りタイトルの評価に値しない記事」と判断するかで、決まって来ると言えます。

このあたりのタイトルの問題がクリアされた次の段階の「拡散される水準の記事の書き方」については、別途稿を改めて論じたいと思います。

いずれにせよ、タイトルだけが良くても、タイトルに見合うだけの内容が伴っていなければ、本当の意味で記事は拡散していくことは絶対にあり得ません。

とはいえ、タイトルが練られていないと最初の段階の記事を読むところまでも行ってもらえないわけですから、いずれにせよ、タイトルの重要性を否定することは出来ないということになります。

71

4. タイトルの文字数

タイトルの文字数については、定説はありませんが、良く言われるのは、国内でよく使われているSNSのうちで最もタイトル表示欄の文字数の少ない「はてブ」の表示欄に合わせるのが適当と言う意見で、「タイトルは32文字以内におさめるのが必須」ということです。

またある意見では、32文字よりもtwitterで幅広く記事を拡散させる場合にタイトルを一行以内で表示するためには、31文字以内が適当だ、という有力意見もあります。

ちなみに、このタイトルの32文字とか31文字と言うのは、日本の古来の作歌技法である短歌の5+7+5+7+7=31文字と全く同じ文字数であり、表現の世界において万葉集から欽定和歌集に至る伝統の延長線上に現代のウェブ上の記事のタイトルが重なるようで感慨深いものがありますね。

私個人としては、31文字ギリギリまでタイトルを設定するのではなく、可能な限り絞って20文字くらいか最大でも28文字くらいに抑えてSNSのタイトル表示欄上も比較的余裕のある文字数を設定することを心がけています。

その方が、SNSで拡散する場合も、タイトルを憶えやすく、また記事が口頭で話題になった場合もリアルの口コミで拡散しやすいと言うこともあるでしょう。

可能であれば、短歌のように韻が踏めれば、なお一層効果的でしょう。

73

5.タイトルの中身

タイトルの文字数は、20字くらいから28文字以内を目指すとして、具体的な中身としては、どのように考えていけば良いでしょうか。

これについては、SEOの見地とSNSの見地とで行き方が全く異なると言わざるを得ないでしょう。

SEOの見地からは、重要なキーワードをなるべくタイトルの先頭に置いて、キーワードそのものは全体で3つくらいに限定して読みやすく配置する、というのが一般的な見解になるでしょう。

ただし、SEOの見地からだけ、タイトルを設定していれば良い時代はもうすでに過去のものとなっています。

現在のタイトルの付け方で重要なのは、やはりSNSで拡散出来るような中身を読んでもらえる、記事をクリックしてもらえるタイトルでなければ意味が無くなってしまいました。

とはいえ、SEOが全く意味を失ってしまったのかと言うと全然そういうわけではなく、SEOも十分に意識してタイトルを設定しないとロングテールで観た場合、あるいは単に検索からのアクセスを考慮に入れた場合でも、検索からの記事へのアクセスが断たれてしまっては元も子もないというのが実情なのです。

そういう意味で、SEOとSNSの両立したキーワード設定が絶対に必要な時代になっていると言えるでしょう。

そこで、考えられるのがタイトルを2つの要素に分割して、それぞれSEO向けとSNS向けに内容を検討していくと言う行き方です。

①SEO向けタイトル

こちらには、以前からのSEOの考え方の延長線上でタイトルを考えていくわけですが、昔は31文字分の全てをSEO向けのタイトルで埋め尽くしても良かったわけですが、今日ではタイトルにはSNS向けのパートも存在しますので、以前よりも内容を絞ってつくる必要に迫られています。

このため、設定すべきキーワードも可能な限り絞り、1乃至2キーワードとし、最大でも3キーワードを詰め込むかどうかというところで、設定するの妥当と言えるでしょう。

またSEO向けのパートとはいえ、読者に記事を読ませる要素も考慮すべきであり、SNS向けパートとのバランスやタイトル全体の調和や調子の取り方に気をつけるべきことは言うまでもありません。

75

②SNS向けタイトル

こちらはSNSで拡散することを最大の目的にしたパートであり、いわゆる「釣り」のワードが並ぶことになります。

とはいえ、こちらをあまりにも過激な内容で突っ走ってしまうと、逆に上滑り現象が発生してしまい「誰からも読まれないタイトル」に転落してしまいますので、十分な注意が必要です。

また「釣り」のワードの中にもいろいろな方向性があり、単に「過激な表現」で人目を引くだけでなく「役に立つことを強調」したり「具体的な数字」を打ちだすことで、記事を読むメリットが端的に読者に伝わるようにしなければなりません。

こうして観てくると、SNS向けのタイトルを設定するだけで、直ぐに31文字が埋まりそうなってきます。最近では、そういうことも踏まえて一部では既にキーワードリサーチは一切やめて、「SNS向け」のタイトル付けのみに専念すると言う考え方も出てきているようですが、 これはロングテールと言う意味でもSNSのバイラルの寿命と言う見地からも余りお奨めできる行き方とは言えません。

要は、SNS向けのタイトルのパートは、SEOからは自由な立場で、その時点の流行や読者が興味を引きそうな話題も踏まえつつ、記事がクリックされるために最大限貢献しそうなワードを選定することが重要になってきます。

その際に重要になってくるのが、「扇動性」「貢献性」「具体性」といった要素が最大限詰まったタイトルになっているかどうか、ということになるでしょう。

78

6.まとめ~短歌とタイトルの相関を軸に~

このような方向性でタイトルを上手くまとめ切れれば、少なくとも読まれる記事にはなってくると想定されます。

またタイトルを絞り込んでいく過程で自分が書いている記事に対する認識も一層深まり、相乗効果として良い記事が出来上がっていくという副産物もあるでしょう。

昔から、本のタイトルやドラマの題名なども売れ行きや視聴率を左右する重要な要素と言われてきましたが、今日における記事のタイトルの重要性はそれだけで、一つの文化的価値を持つくらいに重要と言えるのではないでしょうか。

なぜならば、本やドラマ以上に、ウェブ上の記事は題名と記事内容が分離して存在しており、タイトルを観て読者がクリックするところまで持っていかなければ、記事は存在しないも同然と言えるからです。

そういう意味で、タイトルはかつての短歌と同じような文化的な価値を持ち、あるいは、人々が試行錯誤し知恵を絞る対象として、クローズアップされてきているのではないでしょうか。

この両者の文字数が、31文字と共通なのはあながち偶然では無いような気もします。

古来から人間の認知力と言うのはそれほど変化していないと言うことの証左でもあり、最低限の文字で最大限の内容を伝えるのに相応しいのが、31文字程度と言うことではないでしょうか。

そういうことも踏まえて、私も現代の短歌とも言うべき、タイトルの推敲に奮闘努力していきたいと考えているところです。

80

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

関連記事:

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - アドセンスやアフィリエイトで稼げるブログ運営手法! , , , , , , , , , , ,