お金の稼ぎ方と使い方の探求!

インターネットを駆使してフルに個人ビジネスを展開し、大金を稼いでスイスのプライベートバンクの顧客になり運用益で生活するような状況を実現するための必須のノウハウを詳しく伝授する!

*

アフィリエイトで稼げる検索上位ブログ構築のためのSEO戦略を窮める法!

      2018/10/31

「最大のPVを確保するためのブログのSEO計画策定の方法」の一環として、SEOで基本的に気をつけなければいけない点を様々な角度から検討してみたいと思います。

1.一昔前のGoogleの検索結果上位進出の方法
2.Googleのリンク政策変更で一挙に向上した検索結果上位進出の意義
3.「キーワード」設定に関する基本的なSEO戦略
4.Google向けの対策に特化した「キーワード」に関するSEO戦略
5.Googleが評価しやすいブログ構造にするためのSEO戦略
6.Googleが設立当初から重視するブログのリンク構造に関するSEO戦略
7.まとめ

 

1.一昔前のGoogleの検索結果上位進出の方法

最近は、SNS経由で、ブログにアクセスを集められるということで、SEOを軽視する風潮も蔓延しつつあるような気がしますが、私はいろいろな意味でGoogleとの対話を抜きにしてインターネットでの長期的な成功は望めないと認識しています。

かつては、 検索上位に進出するための手段は、非常に単純であり、そのサイトの真の実力を全く反映していないケースも多かったと思います。

例えば、以下のような対策を行えば、サイトの実力があろうがなかろうが、検索結果の上位に食い込むことは比較的容易な時代が、つい最近まで存在していました。

①ヤフカテを筆頭とする大量のディレクトリ登録
②膨大なサテライトサイト群からの被リンク構築
③ページランクの高いサイトとの相互リンク構築

しかし、このような対策も度重なる検索アルゴリズムのアップデートで徐々に、その効果が薄れつつありましたが、事実上2013/9頃より以下のようにGoogleのリンク政策がより厳格になり、上記の①②③は全てスパムとして取り扱われ、その効果がほぼ一掃されつつあるのです。

Googleのリンク政策の徹底(リンクプログラムに関する情報>)
「Googleのサテライトサイトに関する見解を表明(ウェブマスター向け公式ブログ)」

117

2.Googleのリンク政策変更で一挙に向上した検索結果上位進出の意義

このため、小手先の被リンク対策のみでは、Googleの検索で上位に表示されない時代を迎えつつあると言えるのですが、今後はGoogleは「利用者にとって独自の価値があるサイト・ページを提供しているかどうか」を一層重点的に評価基準として厳格に適用してくる姿勢を明確にしたわけです。

つまり、検索エンジンで上位に表示されるということは、そのサイトなり記事が最も厳しいテストに合格して、高い評価をされている証左にもなりうる時代がようやく到来しつつあるのです。

謂わば、検索結果の上位に表示されることは、最近までは「利用者にとって非常に価値のあるオリジナリティに富んだ質の高いコンテンツを含むサイト」か「莫大な資金を投入して膨大な被リンクを構築しているが、そのコンテンツに関しては平凡で取るに足りないサイト」かのいずれかであり、どちらかというと後者のケースが極めて多かったものが、今後は前者のようなケースのみが検索上位を独占する時代になったのです。

すなわち、検索結果上位をキープしいているということは、それだけで既に「Googleの厳しい審査基準に合格」しており「記事の質もオリジナリティも非常に高い価値のあるサイトであることが一目瞭然に証明」されていることになってきます。

こうして見ると、やはり検索結果上位に食い込むことが必須であるということが、喫緊の課題であることが明確になってくると思います。

それでは、このようにSNS全盛の時代にあっても、まだまだブログ運営にとって非常に重要な意義を持つ、検索結果上位に食い込むための「Googleのリンク政策の徹底(リンクプログラムに関する情報)」を経た現時点における具体的なSEO戦略を以下に列挙していきましょう。

119

3.「キーワード」設定に関する基本的なSEO戦略

どのようなキーワードを選定するかによって、検索による記事へのアクセス数は直接影響されてきます。

検索される頻度の少ない超スモールキーワードでばかり記事を作成していては、如何に記事がコンテンツとしての完成度が高くてもPVが一向に伸びないというパラドックスが発生してしまいかねません。

そういう意味でも、記事を作成するにあたっては、キーワードの選定は欠かせない作業になってきますし、キーワードを一切考慮しないで、書きたい記事を書きたいように書くという姿勢では、長期的なSEO戦略としては非常に疑問があると言わざるを得ないでしょう。

尚、キーワードに関しては、単一の単語によるキーワードでは、なかなか上位表示をしにくく、また利用者も検索にあたっては、単一の単語で検索するよりも複合キーワードで検索してくることが多いので、基本的には「複合キーワード」を設定するのが常道と考えて良いでしょう。

ちなみに、書くべき記事は当然ながら、ブログ全体のテーマに沿ったものであるべきですし、選定すべきキーワードも自然にブログのテーマとの連関したものになってくるはずです。書きたい記事が、ブログのテーマとどうしても外れてしまうような場合は、思い切って別の無料ブログでも作って書いた方がSEO対策的には良いかもしれませんね。

実際に記事を書くにあたっては、文中に選定したキーワードが全く含まれていないというのも困りますので、不自然にならない範囲である程度意識してキーワードを散りばめることが重要です。また折角記事に含めたキーワードが誤字・脱字であったりすると、検索エンジンに無視されますのでそのあたりもシッカリとチェックしながら記事を書いていきましょう。

121

4.Google向けの対策に特化した「キーワード」に関するSEO戦略

それでは次に、Googleに記事のキーワードをわかりやすく知らせるとともに、検索結果を利用者にクリックしてもらうために重要な施策について観ていきましょう。

まずGoogleに記事のキーワードを一番明確に伝える方法は、記事のタイトルにキーワードを設定することにあります。また設定したキーワードは、なるべくタイトルの冒頭に近くなるように推敲しましょう。とはいえ、タイトルはSNSに流した記事が読まれるかどうかの重要なポイントにもなりますので、タイトルの冒頭にキーワードを持ってくることに拘りすぎない方が現時点では良いような気もします。

またキーワードは、一記事についてあまりにも多過ぎるとその効果が薄れていきますので、可能な限り3つ以内にすべきでしょう。感覚としては、3つの単語を複合キーワードに括ってしまって、ひとつのキーワードとしてイメージするくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

記事内にキーワードが、極端に多過ぎるとスパム扱いとなって、減点対象となってしまいますので注意する必要があります。設定したキーワードを念頭に置きながら記事を書くが、わざとキーワードを多くするような書き方の操作は行わないくらいの感覚で書いていれば、そんなにキーワードが増えすぎることもないと思います。

さらに記事のMeta Descriptionにキーワードを設定しておけば、検索結果に表示された時に、キーワードが太字で表示されたりして、利用者にもキーワードの存在をわかりやすく知らせることができますので、記事のクリック率に大変大きな影響を与えてきます。

それ以外の有効な施策としては、Googleは記事内に含まれている画像の内容を把握しませんので、記事内の画像と記事内容が一致していることをGoogleにわかりやすく知らせるために、altタグ<alt=”xxxxxxxxxxxxxxx”>を設定しておくことを忘れないようにしてください。

これらの施策を記事を書くたびに常に繰り返していけば、Googleにとって判り易く評価しやすい記事の作成が可能になってきます。

129

5.Googleが評価しやすいブログ構造にするためのSEO戦略

さらにより技術的な側面からGoogleに判り易い記事を作成させるための施策について考えていきましょう。

Googleとの技術的な親和性で言えば、ブログの構築はワードプレスを活用するのが最良と言えるでしょう。また大手のSeesaaやFc2などの無料ブログも親和性は比較的高いと言えると思いますが、たとえスキルがあったとしてもSEOの観点から言えば、Flash や、Java script、Silverlight、iframeなどでブログを構築するのは邪道ということになってしまいます。

またGoogleは、画像リンクよりテキストリンクと親和性が高いので、ブログ内におけるリンクは、基本的にテキストリンクを設定するのが望ましいと考えられます。テキストリンクを設定しておけば、Googleはブログ内を巡回しやすくなり、全ての記事を速やかに評価してくれる可能性が高まっていくのです。

さらにブログそのものが、ブラウザ上でまともに表示出来いなければ、これまたGoogleからの評価が急落する元となりますので、自分のブログを更新した場合は、常に世間一般で利用されている主要なブラウザであるIE,Safari, Google Chrome等での動作確認をシッカリと行うことが必須要件になってきます。

加えてこれは、Google対策とともに利用者向けのサービスの一環にもなるのですが、「トップページがリスト取得や外部リンクの洪水」のようになっている状態は極力排して、「トップページは、ブログ全体へのナビゲーションを主たる目的」とするようにすべきでしょう。つまり、トップページからブログ内のあらゆるページへ簡単にアクセス出来るような作りにすることが重要なのです。そうすれば、Googleもトップページから素早く全ページをクロールすることが可能になりますし、利用者もブログ内のいろいろなページに訪問しやすくなり、PVアップにも直結してくるのです。

これ以外にもGoogleは、SEOの重要な指標として、表示速度を計測していますので、ブログ内の記事の表示は可能な限り早くしないと話になりません。このあたりにも気を配ることでSEO対策も、徐々に効果が目に見えて現れるようになってくるのです。

130

6.Googleが設立当初から重視するブログのリンク構造に関するSEO戦略

今日でもGoogleは、サイト評価の基準として「リンク」を非常に重視していますので、ここからはブログ内のリンク構造に絞って、SEO戦略の基本を検討していきましょう。

まず基本的な問題として、そのリンクは切れていないか?という問題があります。リンク構造を検討する以前に、ブログ内に設定しているリンクが切れていないかどうかについて、常にチェックする習慣を身につけるようにしましょう。

次に、外部発リンクについては、「基本的には十分に信頼出来る優良なサイトに対してのみ、リンクを貼るべきだ」というのが、最近の「Googleのリンク政策の徹底(リンクプログラムに関する情報)」を請けての私の認識です。極端なことを言えば、「メインサイトからの外部リンクは、Googleのヘルプやウェブマスター向けブログに絞るべきだ」と言うくらい慎重になっても良いくらいではないでしょうか。いずれにせよ、外部発リンクはどうでもいいような怪しげなサイトには絶対に設定しないのが身のためだと思われます。

アフィリエイトなんかをやっていると、記事内容によっては特定ページからの外部リンクがガンガン増えてしまうようなことも発生しがちだと思いますが、これも極端に外部発リンクが多いとGoogleから減点を食らってしまいますので、気をつけなければなりません。外部発リンクが多い同一ページ内に被リンクが十分であれば、Googleからの減点対象にならないという説もありますが、基本的には極端な外部発リンクは、禁じ手ということで採用しないのが賢明と心得るべきでしょう。

次に内部リンクについてですが、折角内部リンクを設定していても、アンカーテキストがキーワードと無縁な「こちら」とか「次へ」などでは、価値がなくなってしまいますので、アンカーテキストは適切なキーワードを活用するなどして、Googleに対して最適な内容を設定することを強くお奨めします。

またトップページから最下層のページに至るリンクのクリック数が、多ければ多いほどGoogleも利用者もブログ内の記事を読むのが大変になってきますので、可能な限りリンクの階層はフラットにするのが望ましいでしょう。とはいえ、このあたりに関しては、ブログ内の記事の分類やカテゴライズにも関連してきますので、中庸を採る必要がありますが、基本的には3クリック以内に最下層の記事まで辿り着ける様にしておけば 問題ないでしょう。

尚、記事のURLについては、あまりにも長すぎるとGoogleとの親和性も損なわれますし、SNSへの拡散にも良い影響はありませんので、可能な限りシンプルに設定する必要があります。基本的には、該当記事のキーワードをローマ字で表現するような形にしておけばシンプルで判り易いURLとなって、Googleにも利用者にも優しい設定になりうると考えられますので、検討してみてください。

131

7.まとめ

ここに挙げた各SEO項目は、あくまでも概要であり、この内容をワードプレスのブログ内に実装するためには、具体的なプラグインや ワードプレス上での個々の設定方法をご案内する必要があると想定されます。

とはいえ、上記に取り上げたような網羅的な施策を常にイメージしておけば、ブログ構築におけるSEO戦略の概要は、ある程度把握出来ることと思われます。

今後は、上記で取り上げた内容を個別に判り易く、系統だてて説明することも検討しておりますので、ご期待下さい。

132

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

関連記事:

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - アドセンスやアフィリエイトで稼げるブログ運営手法! , , , , , , , , , , , ,