インターネットで稼ぎプライベートバンクの運用益で暮らすための必須ノウハウ!

インターネットを駆使してフルに個人ビジネスを展開し、大金を稼いでスイスのプライベートバンクの顧客になり運用益で生活するような状況を実現するための必須のノウハウを詳しく伝授する!

*

ブログ記事の書き出し方を窮めてアドセンスやアフィリエイトで稼ぐ法!

      2017/11/12

全文
SEO対策新時代を迎えた今日、ブログ全体と言うよりも個別記事が読まれるかどうかということが、ナチュラルリンク獲得に対して、非常に重大な意味を持つ時代になってきました。

今回は、そのあたりも踏まえて「ネットで稼げる!ブログの読者を増やし記事が読まれるタイトルの付け方!」の続編として、記事タイトルに興味を惹きつけられた読者が、該当記事をクリックしてくれた後に全体を読み進めてもらう、あるいは一目でこれは良い記事だと判断してもらうための「記事の書き出し」の部分について検討していきたいと思います。

1.SNSでの拡散のために「記事タイトル」に続いてクローズアップされる「書き出し」
2.SNSで拡散するための「書き出し」の要件と「目次」の重要性
3.SNSでの拡散に必須の「書き出し」の構成
 ①記事のテーマとなる問題意識の提示
 ②①の問題意識への解決策の提示
 ③②で提示した解決策の根拠の提示
4.SNSでの拡散に耐えうる「書き出し」のスタイル
 ①「本の帯」型スタイル
 ②「読者の感情に訴える」スタイル
 ③「TVドラマの予告編」型スタイル
5.まとめ

 

1.SNSでの拡散のために「記事タイトル」に続いてクローズアップされる「書き出し」

さて新しく記事を作成し、ソーシャルメディアに展開した時に、その記事が読まれるかどうかは、まず70%~80%はタイトルの付け方によって決まると言われています。

それでは、「十分に記事が拡散する可能性のあるタイトル」を付けることに成功していたとして、次に本当にSNS上で記事が大きく拡散していくためには何が必要でしょうか。

ここで、クローズアップされてくるのが記事の冒頭にある「書き出し」の部分と言うことになってきます。

たとえ、「タイトル付けが良くて、記事がクリックされた」としても、そこから本当に記事が拡散していくためには、次のステップとして記事を読んだ人が一目で、「これは良い、役に立つ、みんなと共有したい記事だ」と思わせられなければ、その先の爆発的な読者の拡大は望めないと言うことにあるでしょう。

609

2.SNSで拡散するための「書き出し」の要件と「目次」の重要性

それでは、どのような「書き出し」にすれば、記事が多くの人に読まれていくことになるのでしょうか。

それにはまず、書き出しの部分で記事の全体像が、素早く把握出来るような簡潔に記事内容を説明した文章になっていることが必要です。

ここで、判りにくい文章や回りくどい文章で、ピントのズレた書き出しを持って来られるとその場で読者は逃げ出してしまいます。

まずは、パッと観て一瞬で記事全体が把握出来るような内容が記載されていることが必要不可欠なのです。

特に内容豊富で文字数も多い記事になると、一口に内容を網羅的に説明することが難しいと想定されますので、記事の見出しを箇条書きにして、「書き出し部分の文章の下」に置けば判り易くなると思います。

ちなみに、この記事でも「書き出し+目次」をセットにして冒頭部に置いています。

700

3.SNSでの拡散に必須の「書き出し」の構成

次に、簡潔に記事内容全体を記載するに当たっての構成ですが、これは読者の立場に立って以下のような観点で記載していけば、拡散しやすい記事に近づいていくと思います。

①記事のテーマとなる問題意識の提示

最初に何故この記事を書いているのか。どういうことを解決したり、説明したりしたいために記事を書いているということを、具体的な問題意識として明示することが必要になってきます。

その問題意識が、読者に興味や関心に合致していれば、その段階で読者を惹き付けることが出来ますし、もし現在関心が無くても、ちょっとでも気になっているようなことをズバリと指摘されてしまうと、思わず引き込まれてしまうものです。

そういう意味では、記事のテーマとしては、多くの読者が潜在的に気になっているようなことを、取り上げて独自な視点で問題意識を提示するような行き方が最も相応しいのではないかと思います。

SONY DSC

②①の問題意識への解決策の提示

この段階で詳細に述べる必要はありませんが、問題となっている状況に対して、具体的な解決策があることを明言し、その詳細な内容は記事を読まなければ判らないような形にしておけば、フック(書き出し)の段階としては、ほぼ目的を達していると言えるでしょう。

ここで提示する解決策もあまり常識的で新味のない当たり前の内容では、その先を読み進んでもらえませんので、読者の意表を突いたり、新鮮な感動を覚えさせられるような解決策が打ち出せていれば、記事の幅広い拡散の可能性はドンドン高まっていきます。

ただし、あまりにも荒唐無稽な話を冒頭から持ってきてしまうと、「何だイロものの記事か」ということになって、読者が逃げ出してしまいますので、現実的で有りうる新鮮で効果が想像出来るような解決策を一言で提示できることが望ましいのは言うまでもありません。

702

③②で提示した解決策の根拠の提示

②で提示した解決策は、これまでに具体的にどのような成果を挙げてきたのか、あるいは未実行の場合は何故良い解決策と言いきれるのかを読者に納得させるような材料を、これまた一言で提示することが必要になってきます。

この根拠の提示に関しては、これまでに具体的に結果が出ているのであれば、それをそのまま表に出せばよいですし 、今後への提言と言うような未実施のケースでも、その他の解決策と並列してその良さをアピールしておけば問題ないでしょう。

いずれにせよ、書き出しがあまりにも長くなってしまうと、読者に記事の真のアピールポイントが上手く刺さらなくなってしまいますので、簡潔な数行程度の長さの中に、「問題意識」「解決策」「根拠」の3点を的確にパッケージして、収められるかどうかが重要になってくるのです。

704

4.SNSでの拡散に耐えうる「書き出し」のスタイル

次に書き出しのスタイルですが、これも幾つか考えられますので、列挙していきましょう。

①「本の帯」型スタイル

これはフック(書き出し)のスタイルとしては、最も参考になるものの一つと言って良いでしょう。

例えば、「ザ・サーチ」という本の場合は、帯のタイトルが「世界で最も注目される企業」、「書き出し」は「Googleとそのライバル達は、ビジネスのルールを、メディアを、我々の文化を、どのように書き換えてしまったのか?・・・」となっており、どうしても興味を惹きつけられざるを得ない内容となっています。

706

②「読者の感情に訴える」スタイル

読者の意表を突いたり、驚かせたり、あるいは、一見有り得ないと思わせるような「フック(書き出し)」で惹きつけておいて、実は中身は現実的な解決策が用意されている、というパターンですね。

これも結構効果的で、「タイトル」と「書き出し」が一体化して、読者の感情に訴えることで、記事を拡散していこうと言う流れになってきます。

ただし、あまりにも荒唐無稽な内容だと、相手にされなくなったり、シェアしたりツイートするのをためらわれてしまいかねないので、注意しましょう。

708

③「TVドラマの予告編」型スタイル

これは「フック(書き出し)」の段階では、あえて中身をはっきりさせずに、詳細は本文でと言う形での誘導に重点を置いたスタイルです。

良くTVドラマの予告編などで、使われる手法で気になる場面をチラつかせながら、本当に観たいところは上手く伏せて本文に読み進まざるを得なくなるような形が理想です。

とはいえ、内容をぼかし過ぎて、読者が逃げてしまうと元も子もありませんので、そのあたりのバランスは上手く取れるようにしておいてください。

710

5.まとめ

タイトルが良くて、記事がクリックされても、さらにその記事をSNS上で大きく拡散するためには、記事の魅力を端的に「書き出し」のところで読者にアピールする必要があります。

今回は、そのための方策を検討してきましたが、実際にSNS上で記事が本当の意味で拡散するためには、まだまだ他にやるべきことが沢山あります。

今後も記事拡散のためのトータルなソリューションをこのブログ上で発信していくために、いろいろと模索していきたいと考えています。

713

サイトマップ 

TOP:ネットビジネスやアフィリエイトでの効率的なお金の稼ぎ方の研究

関連記事;

一日1万円を確実に稼げる!げん玉へのリンク

サイトマップ

TOP:げん玉やアドセンス,アマゾン,アフィリエイトで即日現金を稼ぐ具体的な方法の探求!

 - アドセンスやアフィリエイトで稼げるブログ運営手法! , , , , , , , , , , , ,